« お受験ジャーナリスト | トップページ | 初!岩盤浴 »

2007年4月25日 (水)

サラダ春菊のパスタ

こんにちは。なんだか寒いですねえ。

今日は、鎌倉農協にサラダ春菊がたくさん並んでいましたので、風邪をひかないようにビタミンミネラル補給パスタでランチ。

<サラダ春菊のパスタ>(2人分)

材料:サラダ春菊(または、普通の春菊)1把、ニンジン小さめ5cm長さをタテに1/2個、玉ねぎ1/2個、ニンニク1片、スパゲッティ160g(1.6mm)、しらす大さじ3強、オリーブオイル、塩、コショウ、一味唐辛子(粉)、しょうゆ

作り方:サラダ春菊は30分ほど水につけ、3cm長さにカットする。(普通の春菊は根元を1cm弱切り落とし、1時間ぐらい水につけ、3cm長さにカットし、茎と穂先に分けておく) 水につけることで、野菜のみずみずしさがよみがえり、おいしさアップ。できれば買ってきてすぐに給水することをおすすめします。その後、保存する場合にも一手間で鮮度に違いがでますよ。

1%の塩を加えたパスタ用の湯を沸かしておく。

ニンジンは千切り、玉ねぎは繊維に直角にスライス(より甘みが出ます)、ニンニクはみじんに切る。

野菜の用意ができたら、パスタを茹で始める。(今回、袋の表示は9分のパスタで8分茹でます。茹で上がりに軽く火を通すパスタは表示の1分前に引き上げるのが良いようです)

フライパンにオリーブオイル大さじ2強をひき、ニンニクのみじん切りを加え火をつける。(弱火で)香りが出てきたら、玉ねぎ、ニンジンと塩をひとつまみ加える。全体にしんなりしたら、弱火で待機。

パスタの茹で上がり2分前になったら、春菊の茎の部分をパスタ鍋に入れ一緒にゆでる。(サラダ春菊は不要)

サラダ春菊または春菊の穂先と、しらすを1分前に野菜を炒めたフライパンに加えておく。

パスタが茹で上がったら(春菊の茎と)湯を切り、フライパンに加え、全体的にまぜ、パスタの茹で汁大さじ2と一味唐辛子を2ふり、しょうゆ大さじ1、コショウ少々をふる。味をみてから塩で味を調える。仕上げにオリーブオイルをひと回しかける。

しらすの塩加減によって味を調えて。

一味唐辛子を少し加えると薄味でも塩分を強く感じ、塩分のとりすぎを防ぐ効果があります。辛いのが苦手な方は一味唐辛子はなくてもOKです。

春菊は、葉緑素、ビタミンA(カロチン)・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンKのほか、鉄、・カルシウムなどのミネラルも含まれています。春菊の特有の香りの精油分は、食欲増進作用、去痰作用(たんを切る働き)があるとのこと。繊維も豊富です。ニンジンもビタミン豊富な野菜なのはご存知の通り。緑とオレンジで、彩りもよいですよね。玉ねぎも血液サラサラ成分・硫化アリルが含まれています。

今は新玉ねぎもおいしいですね。生でサラダにもたっぷりといただいています。

野菜たっぷりのパスタは、これ一皿でお腹の満足度も高いですよ。(手抜きではないよお)

栄養たっぷりのランチを済ませたら、午後はゆっくりとお仕事です。

|

« お受験ジャーナリスト | トップページ | 初!岩盤浴 »

コメント

あ、春菊、うちの庭でも育っています。
少し前、春菊の先っぽから黄色い可愛い菊の花が咲きはじめ、春菊も菊なんだぁとバカみたいに感心しました。

春菊、うちはパスタに入れるときはアンチョビとあわせてます。

生の春菊を、ゆで卵、カリカリベーコン、パルメザンチーズと合わせてシーザーサラダにして食べるのもお気に入りです。

しらすと春菊もおいしそう。
しらすはこっちでは輸入オンリーなので高価な食材です。

投稿: て | 2007年4月25日 (水) 23時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サラダ春菊のパスタ:

» ビタミン [脱メタボリックシンドロームとダイエットのためのブログ]
[続きを読む]

受信: 2007年6月 6日 (水) 06時17分

« お受験ジャーナリスト | トップページ | 初!岩盤浴 »